Café Weimar

weimar1

オペラ座に次ぐ大きな歌劇場フォルクスオーパーでオペラ鑑賞を終え向かうのは決まってCafé Weimar(カフェヴァイマール)。

Volksoper Wien

(photo taken by http://www.volksoper.at/Content.Node2/index.php)

格式の高い「ウィーン国立オペラ座」と比べ、庶民的で親しみやすいといわれるのが歌劇場「フォルクスオーパー」。オペラ鑑賞の前後に立ち寄るお決まりのカフェです。昔からウィーン国立オペラ座の時はCafe SacherまたはCafe Mozart、そしてフォルクスオーパーの時はこのカフェが定番と言われています。

weimar4

weimar5

このお店のように、ウィーンの典型的なカフェではしばしばお茶と食事のスペースが2つに仕切られています。入って右側にはビロード張りのソファの並んだカフェスペース(写真上)、左側には一段段差のついたスペースに白いテーブルクロスのかかった食事席(写真下)が並んでいます。ニーズに合わせて最適な空間を用意するのは、さすがカフェ文化の根深いウィーンならではと言ったところ。

weimar6

weimar7

ケースに並ぶのはウィーンの伝統的なケーキの数々。美味しそう!

weimar3

お店の中央に置かれた古いレジ。100年以上の歴史あるカフェで、当時はこれを使っていたのでしょうか。。ノスタルジック♡

weimar8

1302 Filet of fresh pikeperch   €19.80

今夜はお魚料理に挑戦。パイクパーチ、またはザンダーとも呼ばれる大型淡水魚のグリルです。日本ではあまり馴染みのない魚ですが、ヨーロッパでは日常的によく食されます。味はスズキのように淡白で身が柔らかく、甘みと旨味があります。人参、きゅうり、ブロッコリー、カリフラワーと一緒にバターでソテーされていました。野菜のシャキシャキ感も失われておらず、魚の味も日本人好みです。中欧の定番メニューには肉料理がどうしても多くなりがち。お肉に疲れたときにもぴったり!

 

Café Weimar (ヴァイマール)
Währinger Straße 68
1090 Wien
月 – 土  07:30 – 00:00
日  09:00 – 00:00
Free Wifi有
www.cafeweimar.at

weimar

いただきますっ☆

広告