Harry’s Bar

IMG_0261

ヘミングウェイ、マリア・カラス、チャーリン・チャップリンを始めとする世界の著名人から、名立たる大富豪までを常連にもつ伝説のレストランバー’Harry’s Bar’。
80年の歴史を感じさせる素敵な扉が招き入れてくれます。

IMG_0253

天井が低くアットホームな雰囲気の店内。世界のセレブ達がこっそりと通った様子が目に浮かびます。

IMG_0257

白い制服姿のウエイターさん達がテキパキと仕事をしている様子が印象的でした。

Harrys_Bar
(‘Harry’s Bar’ photo by La Tête Krançien on Flickr)

石造りの建物にはすりガラスの窓が二枚だけで中の様子が全く見えないんです。まさに隠れ家。活気溢れる港のすぐ横にあるので、ここだけ異世界な感じで入るのに少し勇気がいるほどです。

IMG_0249
Harry’s Barは、イタリア料理の定番として世界に知られる2つのメニューを生み出したお店でもあります。
一つは桃のカクテル’ベリーニ(Bellini)’ €18.15
白桃のピューレとヴェネチア特産の発泡酒プロセッコを合わせたカクテルです。私の大好物♡店主のジュゼッペ氏が、べェネツィア出身の画家ジョヴァンニ・ベリーニのために作ったのが始まりと言われています。皮ごど漉した桃を加えるのは、シャンパンではなくコネリアーノのプロセッコ。配分は桃1/4とプロセッコ3/4だそうです。お家でやってみようかな。

カルパ
(photo by http://blog.rice.pepper.jp/)

もう一つは牛肉のカルパッチョ。ジュゼッペが、調理された肉を禁止されている貴族のために作ったのが元祖カルパッチョ。カルパッチョというとお魚のイメージがありますが、始まりはお肉なんですね。

お料理は二階のレストランフロアで楽しむことができます。残念ながら、私はカルパッチョを頂きそびれてしまったので、皆さん是非’Harry’s Bar’で伝説のカルパッチョをお試しあれ!

Harry’s Bar(ハリーズバー)
Calle Vallaresso, 1323

http://www.harrysbarvenezia.com/

広告